助産師の求人探しで注意したいこと

助産師 求人 > 助産師の求人探し -職場事情を考える-

助産師の求人探し -職場事情を考える-

助産師といえば、病院に勤めている姿を想像する人が多いのではないでしょうか。 ですが、他にも助産院でも活躍しています。 昔は、出産といえば助産院でするものという傾向が強かったのですが、助産院では正常分娩にしか対応することができないため、安全性のことを考えて病院を選択する人が増えてきました。

そのため、助産院の数が減ってしまったということもあり、助産師の活躍の場といえば病院が多くなっています。 しかし、近年は助産院での出産を希望する人も増えてきているので、助産院の数も徐々に増えていくことが予想されます。

実は、近年、産院や産科の数が減少している傾向にあるのはご存知でしょうか。 これには、出産に関する訴訟が度々起きていることも関係しています。 ただ、産院や産科の数が減ったということは、どこで出産すればいいのか分からないお産難民の人が増えているということでもあります。 こういったことも関係して、お産のプロがいる助産院は需要が伸びています。

病院内での仕事だけでなく、各家庭や施設を訪問して妊婦をサポートする場合も多いです。 助産師としての経験を積めば、助産師養成学校で講師として活躍することもできるでしょう。 他にも、行政施設を活躍の場としている人もたくさんいます。 このように、助産師の活躍の場は病院だけではないので、自分に合った環境での働き方を考えてみてはどうでしょうか。

同じ考え方を持った助産師たちで集まって独立開業し、自分らしい働き方を目指している人も多いです。 もちろん、病院や助産院での仕事が主なものとなるのですが、経験を積めばその他の場所で活躍することもできるようになります。

病院・助産院以外で働きたいと思っているのであれば、まずはしっかり経験を積み、働きながら求人情報をチェックするという形がおすすめです。 スキルアップのために転職を考えている助産師も多いため、倍率が高くなってしまう職場もありますが、自分に合った職場が見つかるよう努力してみましょう。


助産師の訪問指導とは

助産師の職場は、病院だけではありません。その仕事のひとつに、各市町村の行政が実施する「産後の新生児の訪問指導」というものがあります。これは、生まれてすぐ、病院や助産院から退院した赤ちゃんの様子など家庭訪問をして確認するものです。

病院に入院している時には、ただただ赤ちゃんの面倒を見ていればよかったのですが、退院して日常生活に戻ると、家事と育児の負担はお母さん一人にのしかかってきます。 お母さんによっては、育児のストレスで精神的に不安定になったり、不眠に悩むようになったりする人もいます。 そんな時に、話を聞いてくれたり、育児の専門家にアドバイスを受けることで悩みや不安が解消されることが多々あります。

新米のお母さんたちは、子育てに大きな不安を抱えています。現代の日本では、核家族化が進んでいるため本来は育児の指導や相談に乗ってくれる義理母などが身近にいません。そうなると誰に相談してよいのか分からなくなり、すべてを一人で抱えてしまうといったことになります。

相談したくても御主人は仕事で毎晩遅く、日中は赤ちゃんと二人きりの生活が続きます。 精神的な不安定が続くと母乳の出も悪くなりますし、最悪の場合幼児虐待や育児放棄などの事態になりかねません。 助産師の訪問指導とは、こうした新米お母さんたちのサポートをして励ますことで、赤ちゃんの健やかな成長を支えていると言ってもいいでしょう。

育児に関するアドバイスだけでなく、親子でも安心して利用できる施設や役立つ情報などを伝えてあげたり、子育て中のお母さんたちのサークルなどを紹介したり社会とのつながりを持たせたりします。

訪問指導の仕事は、非常勤の特別職職員として働くことになります。 委託料金は地域によって変わってきますが、だいたい訪問指導1回につき5,000円ほどになります。 定期的な募集と違って、人員補てんでの募集がほとんどですから、求人情報が出されるのも不定期で、すぐに決まってしまいます。 訪問指導の求人が出たらすぐに対応しましょう。